2007年01月23日

ファイナンシャル・プランナー2級


ファイナンシャル・プランナー2級 3ヶ月コース(メンバーサポート有)
お客様の夢を実現するために、貯蓄計画や相続対策など、トータルな資産設計を行い、ライフプランのアドバイスをするのがファイナンシャル・プランナーです。

このFPの広域な知識とライフプランニング能力は、生命保険、証券、銀行などの金融業界、資産となる土地、建物を扱う不動産業界などで広く求められています。

資格には、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定するものとして、FP普通資格のAFP資格(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー(R) )と、FP上級資格のCFP(R) 資格(サーティファイド ファイナンシャル プランナー(R) )があります。

さらに2002年、国が働く人々の技能を証明するために創設した技能検定制度の中の対象職種に「ファイナンシャル・プランニング」が追加され、ファイナンシャル・プランニング技能士が誕生しました。

日本FP協会は指定試験機関に指定され、国家検定として位置づけられる2級FP技能検定は、AFP資格審査試験を兼ねることになりました。

継続教育によって能力を保てるAFP資格とCFP(R) 資格が、国家検定も包括することで、より社会的な信頼度が上がると予測されます。

CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)およびサーティファイド ファイナンシャルプランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standard Board Ltd.(FPSB)の登録商標です。
AFFILIATED FINANCIAL PLANNER(R)、アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー(R)は、NPO法人 日本FP協会の登録商標です。
posted by 消費者金融 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

私、多重債務者でした


私、多重債務者でした
著者: 佐藤みなみ
出版社: 東京書店
サイズ: 単行本
ページ数: 159p
発行年月: 2006年11月

序章(特定調停とは/特定調停の流れ/グレーゾーン金利とは)/本章(借金総額280万円が120万円に!/裁判所で「自己破産」をすすめられるとは…/弁護士は何をしてくれたのか/裁判所の信じがたい暴言と家族の絆/過払金請求をすることになった一家は…/調停委員に決められてしまった原資/債権者への交渉は誰の役目なのか?)/資料編(特定調停・Q&A/特定調停法全文)

posted by 消費者金融 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

アイフルCMを再開

とうとう大手のアイフルがCMを再開しました。
世間では取立ての問題でマイナスのイメージが付いているかもしてませんが、借りた金を返さない奴に対して怒るのは当然の事だと思います。
正直、この手の業界は企業と個人との間の信頼で成り立っております。

泥棒といっても過言ではない行為をした者に対し優しく取り立てる人間がいますか?

逆に借りる側としては今回の事件で業界全体での取り立ての見直しが始まるため借り易くなるかもしれませんね。


どちらにせよ消費者金融業界自体が盛り上がってくれる事を祈ります。
posted by 消費者金融 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

武富士サラ金の帝王


著者: 溝口敦
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 337p
発行年月: 2004年04月
『サラ金商人』加筆・再編集・改題書

塀の内側に堕ちた武井保雄・武富士前会長が、自らの金銭観、人生論を赤裸々に語る―巨大化したサラ金業者を牛耳るドンたちの素顔に迫り、コマーシャリズムに隠された、業界の懲りない非人道的実態を告発。一連の山口組ドキュメントなど、現代社会が内包するきわどい問題に、果敢に斬り込み続ける著者だけが書ける、「拝金主義のカリスマ」たちの本性。

序章 武富士「サラ金帝国」崩壊す/第1章 「武富士」武井保雄の知られざる真実/第2章 「プロミス」神内良一の“転向”/第3章 「アコム」木下恭輔は“金貸しのエリート”/第4章 「アイフル」福田吉孝の意気軒昴/第5章 「レイク」浜田武雄が剥がされた良識派の仮面/第6章 サラ金を操る銀行の戦略/第7章 その手口と被害者たち/第8章 サラ金の“明日なき戦い”/第9章 “ポストサラ金”「ヤミ金」と山口組の関係

posted by 消費者金融 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

キャッシング教本


キャッシング教本
【内容情報】(「BOOK」データベースより)

消費者金融・クレジットカードに関する知識、実用データを完全網羅。いかに借りていかに返すか?キャッシングの「今」が手に取るように。

著者: 健全なキャッシング委員会
出版社: データハウス



第1部 キャッシングの基礎知識(消費者信用の基礎知識―いま、アナタはココにいる!/借金の基礎知識―シャッキンにキセンなし!? ほか)/第2部 キャッシング実践講座(祝!ご出金―キャッシング生活1年生のアナタへ/利息の徹底知識―利息はシャッキンの「レンタル料」… ほか)/第3部 キャッシングカードカタログ(消費者金融編/銀行系無担保ローン会社編 ほか)/第4部 消費者金融をもっとよく知る(WEB&単行本コラボ企画―消費者金融なんでもランキング/実録ドキュメント―窓口担当・えみぃのカウンター日記 ほか)/第5部 それでもキャッシングする人びと(超画期的『属性』調査―キャッシング星座診断/無利子無利息融資―やっぱり“タダ”がいい! ほか)

posted by 消費者金融 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

サラ金道



サラ金道

著者: 大久保権八
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 324p
発行年月: 2004年09月
『実録サラ金ガイド』加筆・改題書

借金なんか、怖くない!負債総額800万円、サラ金生活25年の達人が、豊富な実体験に基づいた「サラ金道」を指南する!弁護士先生がいうほど自己破産は甘くない。高金利のヤミ金融に走るなんて、もってのほか。長年、多重債務者としてサラ金と渡り合ってきた高度なテクニックやノウハウのすべてを公開した。文庫化にあたって、金利のバーゲンである「特定調停」の実態や、執行されない「強制執行」の裏事情などを大幅に加筆。

【目次】
文庫版序章 「ブラックの人」(「生還」ゲーム/「特定調停」はデパートのバーゲン!? ほか)/第1章 基礎篇―多重債務者が本音で指南するサラ金の基本(多重債務者のサラ金渡り!?/サラ金の借金と「丸井」のキャッシングは違う ほか)/第2章 展開篇―サラ金の裏のウラまでメッタ斬り!(サラ金のカウンターは、きわめて人間的である/オートスコアリング(自動与信システム)さまさま ほか)/第3章 彷徨篇―金は返せないが、自己破産はしない!!(「アコム」よ、お前もか?/一九年目の男が知り得たこと ほか)


posted by 消費者金融 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融サービス


消費者金融サービス

多重債務問題の解決に向け、消費者保護の観点から、上限金利規制、個人信用情報の保護と利用、消費者教育、クレジットカウンセリングなどの論点、課題を検証するための視座を提示する画期的な試み。欧米の先端研究・市場分析をもとに、日本への示唆を読み取る。

第1章 消費者金融サービスの成長要因/第2章 欧米の消費者金融サービス市場/第3章 金利規制と消費者利益/第4章 個人破産の増加と消費者行動/第5章 個人信用情報の保護と利用/第6章 自立した消費者を育成するために


posted by 消費者金融 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

お金が無い時

これは学生さんとかに多い事なんですけど
「今月お金ないから少し貸して絶対に返すから」って言う輩がいます。
こうゆう人が周りにいる時は要注意です。

まず何故友人や親からお金を借りる必要があるのでしょうか?
こうゆう時こそ消費者金融を利用するべきだと私は考えます。

こうゆう人間は消費者金融やカードのキャッシングを利用しない理由として
「遅れても大丈夫」という甘えがあるからではないかと思います。

私に言わせりゃ「絶対に返せるってのは業者にとっては最高のお客様なんじゃ?」って事なんですが…

現実は返せないもしくは返したくない。金利も払いたくないケチ人間にタダで金を渡す行為である事には間違いありません。

もし貴方がこの様な場面に遭遇したら「消費者金融で何故借りないの?」と返してはいかがでしょうか?
posted by 消費者金融 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保証人

「借金の保証人になったら終わり」と言う人がいます。
これは正しい風に聞こえますが間違っています

正しくは「借金の保証人に依頼されなかったら終わり」です。
貸金業というのはクレジット(信用)で成り立っています。

貸す側も借りる側も信用できるものでないと成り立ちません。

連帯保証人というのは借りる側と同じ責任を持つものになります。
マイナスイメージを持つものの多くは借りた人が返せずに自分に支払いが回って来る事を恐れています。

連帯保証を断る人というのはお金を借りる知人を信用していなくて(要は返済能力が無いと決め付ける)自分の事しか考えてない人だと思って良いでしょう。また依頼が来ない人は周りから信頼されてない証拠ともいえます。

人生の中で連帯保証人が必要な大きな買い物をする事に自分勝手に保証人を断られると自分のライフプランそのものを否定されている様な気になりますよね?
posted by 消費者金融 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融とは?

消費者金融とは、基本的に無担保、無保証でお金を借りられる金融機関の事で即日振り込みの行っている機関も多いのが特徴です。

また別名では「ノンバンク」(お金を預からない金融機関)や「サラ金」(サラリーマン用の機関)とも呼ばれています。

一般の方の利用は増えていますが、高金利やマイナスのイメージが強く抵抗のある人も未だに多いのが現状です。

このブログでは消費者金融に抵抗のある古い人たちのイメージを変え消費者金融市場の拡大に貢献していきたいと考えています。

多くの方々が消費者金融の恩恵を受けて生活をするそんな理想的な社会の実現に向けて頑張っていきます。
posted by 消費者金融 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。